BookLive「ブックライブ」のビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の“人の記憶”無料試し読み


ライフログとは、人間の行い(Life)をデジタルデータとして記録(Log)に残すこと。「人の記憶」には限界があるが、それがいまや技術革新によりライフログとして記録され代替されるようになりつつある。最近では人にまつわるライフログのみならず、モノ(マシン)にまつわるセンシングログ、その他データ(天候などの周辺環境など)も含めて「ビッグデータ」とされ、このビッグデータの活用が、企業戦略の根幹にも関わり始めている。
続きはコチラ



ビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の“人の記憶”無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の“人の記憶”詳細はコチラから



ビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の“人の記憶”


>>>ビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の“人の記憶”の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」ビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の“人の記憶”の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の“人の記憶”を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の“人の記憶”を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の“人の記憶”を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」ビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の“人の記憶”の購入価格は税込で「2073円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




超多忙な毎日でアニメを視聴するだけの時間を確保できないという社会人にとっては、無料アニメ動画がおすすめです。毎回同じ時間帯に視聴することなど不要ですから、暇な時間を使って見られます。
電子書籍業界では今までになかった「読み放題」というサービスが登場し話題となっています。1冊いくらではなくて、1ヶ月いくらという料金徴収方式を採用しているのです。
「小さいスマホの画面では文字が小さいのでは?」と懸念する人がいるのも分かっていますが、リアルにBookLive「ビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の“人の記憶”」を1冊買ってスマホで読むということをすれば、その手軽さに驚く人が多いのです。
マンガの売上は、時間経過と共に減少しているというのが実際のところです。以前と同じような販売戦略に固執せず、料金の発生しない無料漫画などを前面に打ち出すことで、新規顧客数の増大を目論んでいるのです。
購入してしまってから「予想よりも楽しむことができなかった」と後悔しても、読んでしまった書籍は返すことなどできないのです。しかし電子書籍なら試し読みが可能なので、こうした失敗をなくすことができます。


ページの先頭へ