BookLive「ブックライブ」の原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)無料試し読み


1954年ビキニ事件が起きた当時、原水爆禁止を叫ぶ声が高まっていた。そのような状況下でなぜ、日本は原子力の「平和利用」路線を歩んでいくことになったのか。メディアは原発の安全神話形成にどうかかわったのか。2011年10月から40回に渡って朝日新聞夕刊で連載された「原発とメディア 『平和利用』への道」の20~40回分を収録。
続きはコチラ



原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)詳細はコチラから



原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)


>>>原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)の購入価格は税込で「216円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




多くの書店では、展示スペースの関係で売り場に並べられる数に限界がありますが、BookLive「原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)」であれば先のような制限が発生せず、一般層向けではない作品も販売することができるのです。
電子書籍も普通の本と同じように情報が商品ですから、自分に合わなくても返品は不可となっています。ですので中身を確認するためにも、無料漫画を閲覧する方が良いのは間違いありません。
コミックというものは、読み終えた後にブックオフなどに買取って貰おうとしても、買い取り金額は微々たるものですし、もう一度読みたくなったときに最購入する羽目に陥ります。スマホで使える無料コミックなら、場所は不要なので片付けに困ることはありません。
コミックブックと言うと、「10代を対象にしたもの」だと思い込んでいるかもしれません。ところが今はやりのBookLive「原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)」には、中年層の方が「子供の頃を思い出す」と思ってもらえるような作品も山のようにあります。
「買った漫画がありすぎて困っているから、買うのを諦める」という事が起こらずに済むのが、BookLive「原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)」の良いところです。どれだけたくさん買ったとしても、収納スペースを考えなくても大丈夫です。


ページの先頭へ