BookLive「ブックライブ」の記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証する無料試し読み


福島第一原子力発電所の事故について、東京電力は2011年3月11日以降、さまざまな情報を発表してきた。私は翌12日夜、取材記者として東電本店に入り、以後、その報道の一端に関与している。この事故の報道について世の中ではさまざまな批判がなされている。その多くについて私は真剣に受け止めて、「記者としてどうすべきだったか」と考えてきている。しかし、なかには、印象批評の域を出ない批判や、誤った事実を前提にした批判も少なからずある。具体的な事実に基づいて実証的に批判するのではなく、誤った思い込みに基づく批判のための批判、あるいは、まるでスーパーマンに求めるかのような現実離れした「あるべき」論をいくら並べても、将来への教訓にはならない。東電はどのような認識の下であのような発表をし、記者たちはどのような認識の下であのような報道をしたのか? 報じられた内容に対して、現実はどうだったのか? 東電の発表はウソだったのか? 何が問題なのか? 事故発生から1年を経て徐々に分かってきた事実関係を前提に置き直して、私の視点から当時の発表と報道を具体的に検証してみたい。その上で、報道に対する批判を検討し、将来への教訓の抽出を試みたい。
続きはコチラ



記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証する無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証する詳細はコチラから



記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証する


>>>記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証するの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証するの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証するを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証するを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証するを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証するの購入価格は税込で「216円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




本を買う代金は、1冊あたりの代金で見れば高くはないかもしれませんが、好きなだけ買っていれば、月単位の合計金額は高額になってしまいます。読み放題というプランなら固定料金なので、出費を抑えられます。
BookLive「記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証する」が40代以降の人たちに支持されているのは、幼いころに読んだ漫画を、再び容易く楽しむことができるからだと言えるでしょう。
ショップでは中身の確認をすることさえ躊躇してしまうような漫画であったとしても、無料漫画システムを提供している電子書籍の場合は、物語をきちんと確認した上でDLすることが可能なわけです。
買った本は返品してもらえないので、内容を確かめたあとで支払いをしたい人には、試し読みサービスのある無料電子書籍は大変便利です。漫画も同様に中身を見て買い求めることができます。
ストーリーが良く分からない状況で、表題だけで買うかどうかを決めるのはハイリスクです。誰でも試し読みができるBookLive「記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証する」を利用すれば、それなりに中身を確認してから買えます。


ページの先頭へ